So-net無料ブログ作成
検索選択

四月は君の嘘 ネタバレ 43話 画像あり [四月は君の嘘(漫画)]

四月は君の嘘 43話 ネタバレ



四月は君の嘘の漫画
43話のネタバレです。

最終話の1話前の話になります。

43話では公生が
ピアノを再開させてからの
集大成と言える演奏をします。ピアノを弾き始めるまでは
まともに弾けるのか?


と読者の大半が思っていたと
予想されますが、反して最高の演奏を見せてくれます。

<スポンサードリンク





公生が出会った人全てに影響を受け
それが音となって奏でられて行きます。



見守ってくれた人
待ってくれていた人
支えてくれた人
そばに居てくれた人

みんなが自分をピアノの舞台に
戻してくれた。

そして、みんなが自分を見てくれている。


公生はそう思って
みんなに答えるようにカラフルな演奏を奏でます。


母さんがくれた音
渡が気づかせてくれた音
椿が見つけてくれた音
相座や井川さんと競って生まれた音


公生は自分のピアノの音が聞こえない。

以前はそれが怖かった。

けれど、今は耳をすませば
公生の中にはたくさんの音があることに気づきます。


僕は一人じゃない。

僕らは出会った瞬間から
一人では居られない。

と。


そして、かをりの事に思いを馳せます。

かをりとの忘れられない風景が
公生を支え、奮い立たせ
突き動かしていると。


そして、ハッキリと自分の中に
かをりがいる。

そう認識します。


届け

届け

僕の全部をのっけて

届け


そうです。

この演奏はかをりの為に弾いていたのです。


相座武士が

「恥ずかしい奴だな。」

「この演奏は告白だ。」

とも言っています。
四月は君の嘘 43話 感想.png

公生はかをりに公生のピアノが
届いて、もう一度一緒にやりたい。

そう思って弾いていたのですが、

突如かをりが耳元で「ありがとう。」と囁き、現れます。

四月は君の嘘 43話 ネタバレ.png
ヴィオリンを弾くかをり
に合わせるように公生はピアノを弾きますが

幻想のかをりは涙を流し
消えてなくなります。


その姿を見る公生は
待ってと呼び止めますが、
いなくなります。

公生はまた口喧嘩をしてよ。

カヌレをねだってよ。

友人Aで構わないから。


行かないで。

行かないで。

僕を置いて行かないで。

と何度も「行かないで。」

心のなかで言います。


さらには、さようなら。
も言っています。
四月は君の嘘 ネタバレ 43話.png


これは直感的にかをりが亡くなることを
公生が理解している描写です。


ここで演奏が終わり
拍手喝采を浴びますが公生は笑顔ではありません。

泣いて終わります。


最後に
かをりからもらった手紙が読み上げられるところ


拝啓

有馬公生様

のところで43話は終わります。


四月は君の嘘 43話 感想




公生の演奏は告白だ。と
相座武士が言いました。

そして、この演奏は公生が出会った人全てから
生まれた集大成のカラフルな演奏。

そうです。

漫画的にも
公生の告白こそ
この漫画の集大成と言っても差し支えないのでは
なかろうかと思います。


そして、公生の演奏は
告白はかをりに届いたんです。

届いたんですが
皮肉にも、かをりは亡くなってします。


そして、それを直感的に
公生も理解しているからこそ

行かないでくれ。

僕を置いて行かないで。


さようなら。


そう言うわけです。


四月は君の嘘43話は悲しいけれど、
思いが届いたとも言えるお話です。


スポンサードリンク


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。